山登り

山登り

鳥取県の「大いなる神の在ます山」と呼ばれる大山。
ミライズは、キレイな水を作るブナ林の広がる大山。このの地中深くを流れる伏流水を採水しています。
大山山麓にある工場の地下120mより採水しています。
先日、このミライズの故郷である大山に、登ってきました。なんと、1704m!
ミライズに関わるスタッフが、ガイドさんを先頭に一列となり、登っていきました。
ブナ林のが広がる登山道。このブナ林が水を作っているのか、と感慨深い思いに浸りました。


020

そして、木漏れ日の中の登り道を抜けると、そこは、5合目。
景色が変わり、先ほどまでのブナ林が眼下に広がっています。
そして、岩がごつごつする険しい道のりの6合目、7合目と進んでいくと、雲より高くなっていました。
そこに広がる景色、弓ヶ浜の海岸線や、広大な緑、が雄大な眺めとなっていました。
そして、特別天然記念物にもしてされている、ダイセンキャラボクといわれる、
常緑針葉樹林の広がる8合目、9合目。
この登山道を経て、空の庭のような、頂上1704mに到着。
山頂は、夏場なのですが、ひんやりとした空気と白くもやがかかる雰囲気が、なんとも神々しい。
山を見たときに、始めはあんな山に登るなんて、信じられない。。。と思ってみたものと、
一歩一歩と前に進むことで、ゴールである山頂にたどり着きました。
おそらく、前に進む大事さも、このミライズの産みの親である「大山」から教わった。
そんな気分にすらなった大山登山でした。


自然豊かな山からの恵みである「ミライズ」を大事に皆様へお届けしたいとあらためて強く思いました。

カテゴリーBLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です