山登り

山登り

鳥取県の「大いなる神の在ます山」と呼ばれる大山。
ミライズは、キレイな水を作るブナ林の広がる大山。このの地中深くを流れる伏流水を採水しています。
大山山麓にある工場の地下120mより採水しています。
先日、このミライズの故郷である大山に、登ってきました。なんと、1704m!
ミライズに関わるスタッフが、ガイドさんを先頭に一列となり、登っていきました。
ブナ林のが広がる登山道。このブナ林が水を作っているのか、と感慨深い思いに浸りました。


020

そして、木漏れ日の中の登り道を抜けると、そこは、5合目。
景色が変わり、先ほどまでのブナ林が眼下に広がっています。
そして、岩がごつごつする険しい道のりの6合目、7合目と進んでいくと、雲より高くなっていました。
そこに広がる景色、弓ヶ浜の海岸線や、広大な緑、が雄大な眺めとなっていました。
そして、特別天然記念物にもしてされている、ダイセンキャラボクといわれる、
常緑針葉樹林の広がる8合目、9合目。
この登山道を経て、空の庭のような、頂上1704mに到着。
山頂は、夏場なのですが、ひんやりとした空気と白くもやがかかる雰囲気が、なんとも神々しい。
山を見たときに、始めはあんな山に登るなんて、信じられない。。。と思ってみたものと、
一歩一歩と前に進むことで、ゴールである山頂にたどり着きました。
おそらく、前に進む大事さも、このミライズの産みの親である「大山」から教わった。
そんな気分にすらなった大山登山でした。


自然豊かな山からの恵みである「ミライズ」を大事に皆様へお届けしたいとあらためて強く思いました。

ボトル・ラベルデザインの変更

「ミライズ」に込めた思い

先日、ロンドン在住のデザイナーとニューヨーク在住のデザイナーの手を借りてイメージ展開しました。
ボトルに巻かれたラベルが変わりました。
以前より、Brilliant(輝き)を意識した透明感を出したラベル。
太陽にかざすと輝きを増す、クリアな仕上がりになっています。
そう、光り輝くような未来。そんな事をイメージさせるような。。。。


miraiz_photo

「ミライズ」に込められたテーマは、未来を祝う。
成功を目指す人々が、太陽に向けて掲げて飲む。
世界中の未来を創る若者たちが集まる場には欠かせない水。
それは、スポーツ、アート、音楽、健康、ビジネス、etc.
水を通じて、笑顔を創る。
水で体を潤すだけでなく、水と共につくる澄み切った未来。
未来を飲もう。ミライズを飲もう。
さあ、一緒に未来を祝い、飲んでみませんか?

タモリカップ×ミライズ!2016

9月11日、日本一楽しいヨットレース「2016タモリカップ横浜大会」に協賛企業として参加(^^♪。夜のパーティー会場は、内田恭子さんの司会のもと、大会名誉会長であるタモリさんを中心に午前に行われたヨットレースの表彰式が行われました。ヨットの見える海辺でよく冷えた『ミライズ』を味わいたいですね!!
レースを参加された、多くのヨットマンに対し、『ミライズ』を提供し、各テーブルには、『ミライズ』のボトルが至る所に見られました。
ベンツが飾られたステージ横の電光掲示板には『ミライズ』ロゴが!!!
http://tamoricup.com/